茶色パンダ、中国で七仔(チーザイ)の毛色が突然変異

茶色いパンダが中国にいる。茶色パンダは現在確認されているところ、世界に1頭しかいないという。

茶色パンダはオスで、名前は七仔(チーザイ)。中国の陝西省周至県で発見され、2009年に保護されたもので、現在6歳。日本メディアでは2013年に初めて公開された。

茶色パンダ 画像、中国で七仔(チーザイ)の毛色が突然変異

パンダといえば、白い毛に黒い斑点模様が一般的だが、茶色パンダは反転の部分が淡い茶色。ブリーチしたような色にも見えます。

実は過去にも同様の茶色パンダが保護されていたことがあるようですが、すでに亡くなっている。

茶色パンダは、世界でも1頭しか確認されていないため、中国では繁殖に取り組む予定だが、現在6歳の茶色パンダ・七仔(チーザイ)は年齢の割に小柄なため、

もう少し体が大きくなるのを待って繁殖に取り組む予定のようです。

茶色熊猫、七仔(海外サイトへ)


合わせて読みたい

Related Posts

2013年8月 7日

KasaZine (11:30)

カテゴリ:海外ニュース

« トクホの 三ツ矢サイダー、三ツ矢サイダー プラスが9月発売! | ホーム | ラッフルズホテルに櫻井翔の写真、なんと日本人初の名誉 »

このページの先頭へ