Twitter アカウント凍結に要注意!解除方法と凍結される理由・原因

Twitter(ツイッター)が最近、厳しくなっています。アカウントを凍結されてしまう人が続出しているようで、特に新規でアカウントをつくった人は要注意。

アカウントを凍結されてしまう理由・原因は、いろいろあるのですが、
アカウントを作ってまだ日が浅いという人の場合、一番最初にやることはフォロワーを増やすために、色んな人をフォローしていく作業ですよね。

Twitter アカウント凍結に要注意!解除方法と凍結される理由・原因

Twitterは最近、一度に沢山の人をフォローするアカウントに厳しくなっています。
スパム扱いされてしまうのです。まとめると、以下のようなモノが アカウント凍結されやすい。

  • 一度に大量の人をフォローする行為
  • 一度に大量の人のフォローを解除する場合
  • フォロー数ばかりが多く、フォロワー数が少ないバランスが悪い人
  • 短期間での、Twitterアカウントの大量生産

など。フォロワーとフォローの人数のバランスなんて、
整っている方がおかしいと思いますし、人それぞれ差があるのが普通だと思いますが...。

なんだか変な話ですよね。しかし、Twitterは基本的に、
あなたがフォローされている人数を越えて フォローしまくる行為を嫌っています。

凍結されないフォロー数って?やりすぎに注意

自分のフォロワー数によっても限度が違ってくるようです。たとえば、以下のような感じ。

  • フォロワーが100人以下の場合 →  1日最大50人程度までのフォロー
  • フォロワーが100~1000人の場合 → 1日最大100人程度までのフォロー
  • フォロワーが1000人以上の場合 → 1日最大300人程度までのフォロー
  • フォロワーが10000人以上の場合 → 1日最大500人程度までのフォロー

※すでに目を付けられているアカウントやIPアドレスをマークされている人などは、
これに当てはまらず 少ないフォロー数でも凍結されてしまう場合もあるようです。

これに合わせて、大量解除も要注意。何事も、急激にやりずきると目を付けられてしまうようです。

ちなみに、古くからアカウントを持っていて、そのアカウントが生きて(継続して利用されて)いて、
すでにフォロワーが自分のフォローの数よりも何倍もあるような人はこれに当てはまらず
限界枠はもっと広い、といった人もいるようです。たとえるなら、芸能人のアカウントなど。

しかし、各個人の限界がどこにあるのか?について Twitterは一切公表していないため、
上記でまとめた数を参考に 注意しながらフォローするようにしたほうが良さそう。

アカウントを凍結されてしまった場合、解除することは出来るのか?

アカウントを凍結されても、1回の凍結で2度と使えなくなるといったことは稀だそう。
ほとんどの場合、1つのアカウントに対し1度目の凍結は「警告」を意味するもので、
「また同じような規約違反を繰り返したら、次は完全に凍結しますよ」という警告。

警告が来たら、その内容をすべて読んで、
規約に同意する内容が書かれたチェックボックスに 2カ所チェックを入れ、

画面に表示されている「2つの単語」を入力し、
「確認」ボタンを押せばOK。これで解除されます。

ただ気を付けて欲しいのは、一度でも凍結された事があるアカウントは、
ツイッターからの監視がきつくなる!ということ。

最低でも2週間はおとなしくしておいた方が良さそう...。
ほんの少しでも目に余ると感じられてしまう行動をとってしまうと、
再び凍結される確率はかなり高くなります。

2度目に凍結されてしまったら...これは解除することはほぼ難しいと思ったほうが良さそう。
一応、解除申請フォームというのがありますので、そちらから申請することは出来るのですが、
返事が返ってこない確率が高い...。

なので、ツイッターのルールを守って2度も同じ失敗を繰り返さないように気を付けましょう!


合わせて読みたい

Related Posts

2013年7月 6日

KasaZine (17:10)

カテゴリ:Twitter

« ウェディングベル 動画、シュガーからパフィー 今井美穂へとカバー | ホーム | NHKドラマ ガラスの家で井川遥が主演!キャストなど »

このページの先頭へ