さば缶 ダイエット、痩せるホルモンが出る?家庭の医学で放送

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 という番組で、2013年7月30日に サバ缶が紹介されて以来、サバ缶が飛ぶように売れている。

サバ缶は、たけしの家庭の医学で「痩せるホルモンを出す脂肪を刺激する食材」だと紹介され、番組に出演していた小田原教授は

「GLP-1がカギ。スリムな人が多い山形県村山市では、サバ缶を使った料理を沢山食べている」と紹介。これに刺激を受けた視聴者が、スーパーなどでサバ缶を買いあさっているようです。

さば缶 ダイエット、痩せるホルモンが出る?家庭の医学で放送

簡単に痩せる、とか、ラクしてダイエット!などの謳い文句には女性にはたまらない響き。最近ではメタボを気にする男性も、ダイエット番組を食い入るように見ては「やってみようかな」と実践する人も少なくないそう。

特に、都心の人はこういったダイエットをテーマにした番組の紹介には敏感なようで、都内からはあっというまに サバ缶が消えたという。

地方や田舎の人も反応しないわけではないものの、「消えた」とか「品切れ続出」というのは体感しにくく、近所のスーパーやコンビニを覗いてみると、普通に売られている現状もあったりするが、

テレビの影響力は大きく、すぐにスーパーなどには「テレビで紹介されました!」「今売れ筋!」「再入荷!」などとポップが貼ってあり、2重にダイエット心を刺激される。

サバ缶と、ダイエット・痩せる仕組み

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 という番組に出演し、サバ缶ダイエットの仕組みについて解説していた小田原教授の話によれば、

さば缶は、脂肪を刺激してくれるという 痩せるホルモン「GLP-1」を出してくれ、このGLP-1が糖分が消化吸収されるスピードを緩めてくれる働きがあり、食べ過ぎを抑えてくれる、というものらしい。

青魚であるサバは、DHAも豊富に含まれているため、ダイエットに適した体内環境を努力せずとも作り出せるという。

昔の日本人の食事は、肉ではなく魚が主食であったのはお馴染みですが、この頃の日本人に肥満が少なかったのは、こうした食生活も大きく関わっているといいます。

魚離れしている日本人にとって、食事にサバ缶(魚を取り入れる)のはとてもいい事。ですが、これまでにも様々なダイエット法が紹介されていますが、共通して言えることは、どんな食材も過剰摂取するのは良くないということ。

テレビの情報に踊らされ、過剰にまとめ買いをし、ある日を境にそればかりを食するようになる...。それは決して、テレビが紹介するような効果にはなりません。

上手な活用法は、痩せやすい(ダイエットに向いている)食材を、普段の生活の中に「取り入れる」レベルにして、バランスのよい食事を心がける事。

食事はとにかく、バランス。太りやすいものを過剰摂取しない、暴飲暴食をしない、ある特定の食材だけを過剰摂取しないこと。必要以上の食事制限をしたり、過剰摂取することは、ストレスばかりが蓄積して、逆に痩せにくい体になってしまいますぞ!お気を付けを。

サバ缶 (鯖味噌) / サバ缶・八戸沖 秋さばの水煮


合わせて読みたい

Related Posts

2013年8月 7日

KasaZine (17:00)

カテゴリ:ダイエット・美容

« ラッフルズホテルに櫻井翔の写真、なんと日本人初の名誉 | ホーム | 上士幌町納涼花火大会 2013、昼はバルーンフェスティバルも »

このページの先頭へ